第4回 「ナウシカ」の続編はあるの?

カテゴリー │コラムスタジオジブリ

いまスタジオジブリは、映画に関しては、制作部門は一旦解散してしまい小休止に入っている。
とはいえ、宮崎監督は、引退を表明してからも美術館の企画「クルミわり人形とネズミの王さま」展をつくったり、
渡米してアカデミー賞をもらったりと、勢力的に動いている。
基本的には毎日会社来てるし。
また鈴木プロデューサーも同様に忙しい。何をやっているのかはよく分からないが、
水面下で相当いろいろと考えているのだろう。
スタジオジブリはトトロをはじめとした、超人気キャラクターをたくさん抱えているのだが、
これらを全く金銭的には有効に活かしていない。
前回も書いたが、むしろ金儲けから意識的に遠ざけているようだ。
例えば「ナウシカ」の続編なんか、みんなが見たがっていて、つくるとなれば出資者はいくらでも集まるだろう。
アニメ制作中には、まだ原作が未完だったので、アニメ化されているのは、まだ原作の半分もいっていない。

さて、続編について宮崎監督は「僕はやる気はないけれど、庵野がつくるならいいかな」
というようなことを言っている。
かつてはたとえ庵野監督でも絶対ダメで、一時期、鈴木プロデューサーが、それをやろうとしたら、
宮崎監督が怒りだしたという話まであるが、ここ最近は少しずつ変わってきたのだ。
実際に庵野監督は「ナウシカ」の巨神兵のパートにアニメーターとして参加しているし、
この前つくった実写映画でも宮崎監督の許可を取って巨神兵を出している、
ていうかあれはジブリも製作に加わっている。

だが、結論から言えば、まず続編は無理だろう。何しろみな忙しいのだ。
庵野監督は、今年公開予定とされている「シン・エヴァンゲリオン劇場版:Ⅱ」が、どうなっているのか、
すら全く見えない状況だ。
見えないということは、おそらく頓挫しているということだろう。
関係者の口は堅いが、何かの理由で暗礁に乗り上げて、止まっているとみた。
このいちばん大元のところが動かなければ、どうやっても進まない。

かつて宮崎監督が「ゲド戦記」をつくりたかった時、その時は版権元の許可が下りず、
いざそれが可能となった時にはすでにつくる意欲はなくなっていた。
「ナウシカ」もそんな感じ、時機を逸した。
未完のまま語り継がれていくことになるのではないかと思っている。




同じカテゴリー(コラム)の記事画像
怪奇物大索戦 クラウン
怪奇物大索戦 「ルマルシャンの箱」
怪奇物大索戦号外 怪奇映画ウイーク
怪奇物大索戦 フランケンシュタインの怪物2
怪奇物大索戦 フランケンシュタインの怪物1
怪奇物大索戦 パズズ様2
同じカテゴリー(コラム)の記事
 怪奇物大索戦 クラウン (2015-03-26 14:47)
 怪奇物大索戦 「ルマルシャンの箱」 (2015-02-27 16:00)
 怪奇物大索戦号外 怪奇映画ウイーク (2015-02-23 17:13)
 怪奇物大索戦 フランケンシュタインの怪物2 (2015-02-13 15:30)
 怪奇物大索戦 フランケンシュタインの怪物1 (2015-02-09 14:26)
 怪奇物大索戦 パズズ様2 (2015-02-04 10:50)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。